プロフィール

Yakuta

Author:Yakuta
ブログ「一口街道」へようこそ!

    【出資馬一覧】
社台サラブレッドクラブ
  シーリーヴェール 牡7 1000万下
サンデーサラブレッドクラブ
  アンティノウス   牡4 1000万下
  オーヴァーライト 牡3 オープン
キャロットクラブ
  ストレンジクォ-ク 牡6 オープン
  ムーンクエイク  セン5 オープン
  クリストフォリ   牝3 育成中
  プロスペリティ  牝2 育成中

  
   HP「一口街道」はこちらから!

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

02/18(日)小倉11R 小倉大賞典 GⅢ ストレンジクォークは11着・・・

◆今週の出走結果◆
02/18(日)小倉11R 小倉大賞典(GⅢ芝1800m) ストレンジクォーク 11着

解散直前の小島太厩舎に重賞制覇をプレゼントすべく、
小倉大賞典に出走したストレンジクォークは11着に惨敗してしまいました。
今年の初勝利、愛馬の重賞初制覇はひとまずお預けです。。。

4番枠の好枠でしたが、消極的ともいえる騎乗で中団よりも後ろの位置に。
折り合いも欠いているようでしたし、馬場を気にしたのかバランスを崩し、
さらに4角では故障馬からの不利を受け、直線入口で最後方に・・。
直線は勝負圏外でほぼ画面に映ることなくレースを終えてしまいました。

ジョッキーの騎乗も消極的でしたし、馬も折り合いや馬場でスムーズに走れず、
最後は故障馬の不利まで受ける、散々な競馬になりました。
3コーナーでガクっと手応えが無くなったのは、右手前に変えた直後とのこと。
荒れた馬場を気にする馬なので、荒れた小倉の馬場を気にしたのでしょうか。

正直、馬が無事か心配になるレースでした。。
結果よりも今はストレンジクォークの無事を確認したい気持ちで一杯です。
新たな所属先でまた頑張ってくれると信じています。
スポンサーサイト

02/18(日)小倉11R 小倉大賞典 GⅢ ストレンジクォーク出走!

◆今週の出走馬◆
02/18(日)小倉11R 小倉大賞典(GⅢ芝1800m) ストレンジクォーク 柴山騎手

今週は日曜日の小倉メイン、小倉大賞典にストレンジクォークが出走です
重賞制覇は今年の大きな目標なので頑張って欲しいです。
あと2週で定年の小島太調教師に花を添えることができるでしょうか。

前走、中山金杯をよく追い込み3着に善戦。
一時は不振に陥りましたが、前々走、前走と、
この馬らしい鋭い末脚が復活しました。
前走も乗り方次第でさらに上の着順の可能性もあった走りでした。

4番枠と小倉競馬としては絶好枠と言って良い枠順になりました。
内でしっかり脚を溜め、直線馬群を捌ければかなり期待できそうです。
条件戦を強い勝ち方で2連勝しているトリオンフが人気です。
ストレンジクォークは混戦の2番人気以下の支持でしょうね。

小倉競馬場での調整も上手くいったようで、状態は良好です。
重賞でも十分に通用する実力があるので、
この好枠を生かせれば、念願の重賞初制覇が叶うかも知れません。
陣営も強気なコメントなので、楽しみにレースを待ちたいと思います。

2/12(月)東京12R アンティノウスの復帰戦は3着

◆今週の出走結果◆
02/12(月)東京12R 4歳1000万下(ダ1600m) アンティノウス 3着

アンティノウス8ヶ月ぶりの復帰戦は3着と頑張りました。
昨年6月のユニコーンS7着の直後に骨折が判明。
期待の大きい馬だけに落胆は大きかったです。
3歳後半を棒に振ってしまい、復帰の日をずっと待ちわびていました。

馬体重が+12kgでしたが、3歳6月から休養していましたから
太め感は無く仕上がりは良かったと思います。
4番枠から良いスタートを切って3番手という絶好の競馬ができましたし、
やや馬群を捌くのに手間取りましたが、一瞬勝つかというくらいの走りでした。

骨折明け、8ヶ月ぶりですから十分な内容でしたね。
切れる脚が使えない馬なので、500万下を勝った時のように、
早めに先頭に立って後続を離せていたら、もっと際どく粘れていたと思います。

久々でこれだけやれたので、このクラスは問題はないですね。
将来的には重賞、GⅠの活躍を期待している馬です。
叩き2走目の次走はしっかりこのクラスを勝ってもらいたいです。

2/10(土)京都11R 洛陽S ムーンクエイクは5着

◆今週の出走結果◆
02/10(土)京都11R 洛陽S(OP 芝1600m) ムーンクエイク 5着

3連勝でオープン競争に挑んだムーンクエイクは3番人気で5着。
雨の中よく頑張ってくれましたが、乗り替わりが大きな敗因となってしまいました。
馬体重が+18kgの504kgでしたが、3歳からこのくらいの馬体重で走っていたので、
数字ほどの太め感はなかったと思います。

スタート直後からやや掛かり気味でしたが、
道中も折り合うことができず、ジョッキーの手綱に激しく抵抗していました。
4角でも他馬の間に入り行き場を失って後退し、外へ持ち直す大きな不利もありました。
立て直してから諦めず脚を伸ばしましたが掲示板が精一杯でしたね。

結果的にルメール騎手からの乗り替わりが痛かったという事になりますね。
ルメール騎手ならスタート後、馬の後ろに付け折り合いに専念していたはずです。
それでも直線がスムーズならもっと上位に迫っていたと思いますが、
4角で挟まれてから直線一番外へ持ち出す不利は大きかったです。

残念ながら4連勝とはなりませんでしたが、厳しい競馬で
勝ち馬から0.2秒差ならオープンで通用する力は十分見せてくれたと思います。
今回負けたことで安田記念出走がやや厳しくなってきたので、
次走はしっかり勝って今後のローテを楽にしてもらいたいです。

2/10(土)京都11R ムーンクエイク、2/12(月)東京12R アンティノウス出走!

◆今週の出走馬◆
02/10(土)京都11R 洛陽S(OP 芝1600m) ムーンクエイク D.バルジュー騎手
02/12(日)東京12R 4歳1000万下(ダ1600m) アンティノウス R.ムーア騎手

3日間開催の今週は土曜日にオープン入り初戦で3連勝中のムーンクエイク、
月曜日に昨年6月のユニコーンSのレース後骨折が判明し、
約8ヶ月ぶりに復帰戦を迎えるアンティノウスが出走します。
2頭とも今年の活躍を期待する馬なのでとても楽しみな週末です。

まず土曜日の京都メインにムーンクエイクが出走します。
東京新聞杯の可能性もありましたが、ルメール騎手や相手関係を考慮し洛陽Sへ。
しかしルメール騎手は騎乗停止になってしまいました^^;
気性が激しい馬なので乗り替わりは非常に痛かったです。

相手関係は東京新聞杯に比べれば楽ですが、
重賞馬4頭に加え昨年のクラシックを戦ったカワキタエンカやサトノアーサーなど、
今までとは格段に強いメンバーになっています。
上位人気に支持されるでしょうが、ここは正念場の1戦になりそうです。

道悪で勝ち鞍がないので週末の雨予報は心配ですね。
現在3連勝中、4連勝を決められれば安田記念の上がり馬になります。
騎手や馬場など不安要素はありますが、この馬自身本当に強くなりました。
安田記念やマイルCSを意識できるような競馬を見せて欲しいです。

そして3日間開催の最終日、月曜日の東京12Rにアンティノウスが出走します。
ユニコーンS7着のレース後骨折が判明し、8ヶ月ぶりの復帰戦です。
まずはひと叩きかと思いましたが、状態は良好でムーア騎手を配してきました。
復帰早々期待しても良さそうですね。

現級上位の馬が何頭かいて、なかなか厳しいレースになりそうですが、
この馬が本来の力を発揮できれば条件クラスでモタモタしないと思っています。
長期休養明けで馬体重も増えているでしょうから、
どこまでまともに走れるかです。

40口で3600万円(一口90万円)とそこそこの価格帯の馬へ出資を決断しただけあり、
この馬には大きな期待を寄せています。
できれば来年のフェブラリーSに出走していて欲しいと願っています^^;
この週末で2018年の愛馬初勝利を味わえればと思います。

管理人のツイッター
検索フォーム
QRコード
QRコード