プロフィール

Yakuta

Author:Yakuta
ブログ「一口街道」へようこそ!

    【出資馬一覧】
社台サラブレッドクラブ
  シーリーヴェール 牡7 1000万下
サンデーサラブレッドクラブ
  アンティノウス   牡4 1600万下
  オーヴァーライト 牡3 1000万下
  ルミナスハッピー17   牝1 育成中
キャロットクラブ
  ストレンジクォ-ク 牡6 オープン
  ムーンクエイク  セン5 オープン
  クリストフォリ   牝3 未勝利
  プロスペリティ  牝2 育成中

  
   HP「一口街道」はこちらから!

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

7/8(日)中京6R 3歳未勝利 クリストフォリは3着

◆今週の出走結果◆
07/08(日)中京6R 3歳未勝利(ダ1400m) クリストフォリ 3着

デビュー2戦目で初勝利を目指して日曜中京6Rに出走したクリストフォリは、
デビュー戦に続きまたしても3着でした。
やや太めだった500kgの馬体重は増減なし、
前走2着馬がいましたが、意外にも1番人気に支持されました。

デビュー戦は出遅れてしまったスタート、少しゲート内でチャカつきましたが、
今日は5分に出て3番手から進めることが出来ました。
不良馬場のダートですが、追走を苦にする様子はなく、3番手のまま直線へ向き、
仕掛けて前を追いますが、先行馬2頭は止まらずそのまま3番手で入線しました。

不良馬場で時計の速い決着となり、直線は厳しくなりましたね。
筋肉の塊のような馬体ですから、やはり時計が掛かるパワー優先のダート向きです。
馬体重がもう少し絞れてくると、さらに走りが軽快になってくると思います。

勝てなかったのは残念でしたが、スタートは改善し先行できたのは良かったです。
近況の感じでは一旦放牧に出されそうですね。
3歳未勝利馬なので残された時間は少ないです。
次こそは初勝利を決めてもらいたいです。
スポンサーサイト

7/8(日)中京6R 3歳未勝利 クリストフォリが出走!

◆今週の出走馬◆
07/08(日)中京6R 3歳未勝利(ダ1400m) クリストフォリ 福永騎手

キャロットクラブの会報は、京王杯SCを勝ったムーンクエイクが表紙
中身も大きく取り上げられていて感激です。
記念品も作られましたし、重賞を勝つとやはり扱いが違います。
1度といわず2度、3度と重賞を勝ってもらいたくなりますね^^;

今週は日曜日の中京6Rにクリストフォリが勝ち上がりを目指して出走です。
デビュー戦となった前走は6月デビューの3歳馬ということもあり、
スタートで遅れ、道中も砂を被っていやがる場面がありました。
しかし直線は馬群を縫うように鋭く追い込み3着まで押し上げました。

鞍上の福永騎手は出遅れた時点で無理をさせませんでした。
直線脚を使うだけの競馬になりましたが、非常に良い末脚でした。
スタートさえまともならと悔やまれる競馬。
しかしデビュー戦であれだけ走れれば十分です。

一度使われて、馬体も締まり上積みが感じられるようです。
先行有利な舞台だけに、再度スタートで出遅れないかは心配です。
前走2着に好走している相手もいますが、
デビュー2戦目でしっかり勝ち上がってもらいたいです

社台・サンデーTC 2018年度募集 出資確定!

社台・サンデーTC1歳馬1次募集の抽選結果が発表されました。
昨年見送ったこともあり、今年は40口でも出資を決めていました。
ここ数年は収支を考慮し、意識的にダート馬に出資してきましたが、
今年は社台もキャロットも、クラシックを意識できるような芝馬へ出資したいです。

ダート馬は募集額も比較的抑えられ、収支を考えると非常に良いのですが、
今年のエポカドーロやアーモンドアイ等の様々なクラブ馬の活躍を目にし、
一度くらいクラシックで愛馬が活躍する姿を見てみたくなりました^^;

クラシックといえばもちろんサンデーサラブレッドクラブ。
目ぼしい馬はとにかく高額な上、凄い人気でなかなか決められませんでしたが、
第1希望のみの1頭入魂で応募し、無事無抽選で出資が決まりました


172ルミナスハッピーの17

172.ルミナスハッピーの17 牝 募集額2400万円
父エピファネイア 母父アグネスタキオン
2017年2月1日生 生産:ノーザンファーム 栗東:高野友和厩舎


新しく愛馬に加わったのは、ルミナスハッピーの17です
ディープ産駒を筆頭にこの馬より良く見えた馬は何頭もいましたが、
価格や人気を考えるとこの馬が最善の選択だったと思います。

キャロットクラブの活躍馬エピファネイアの初年度産駒になります。
初年度産駒には先物買いの楽しみもあるので、
ぜひエピファネイア産駒には活躍してもらいたいですね。

母ルミナスハッピーは今までクロフネ、メイショウサムソンなどと交配されてきましたが、
SSと3×4のクロスが発生するエピファネイアにさっそく白羽の矢が立ちました。
メイショウサムソン産駒の兄ルミナスウォリアーは函館記念の勝ち馬。
サムソンと母父アグネスタキオンは、出資馬ストレンジクォークでお馴染みです。

SSのクロスや母父アグネスタキオンのスピードなど、非常に可能性を感じる馬です。
DVD動画では柔らかな歩様や馬体が目に付き、
芝の中距離をこなせるスピードや柔軟性を持っていると思います。

厩舎は坂路調教で知られる高野厩舎。
松田国厩舎所属だっただけに、活躍馬もいますが素質馬の故障も目立つ厩舎。
紙一重なところがありますが、クラシックを意識するなら悪くないと思います。

桜花賞・オークス出走を目標に出資したので、
まずは早い段階で賞金を得て、3歳クラシックを見据えられる馬になって欲しいです。
新たな出資馬ルミナスハッピー17の活躍を祈っています

6/17(日)クリストフォリのデビュー戦は3着、シーリーヴェールは7着

◆今週の出走結果◆
06/17(日)阪神1R 3歳未勝利(ダ1400m) クリストフォリ 3着
06/17(日)東京10R 青梅特別(1000万下ダ1600m) シーリーヴェール 7着

今週は日曜日にクリストフォリとシーリーヴェールの2頭が出走。
阪神1Rのダート1400m戦で3歳牝馬クリストフォリがついにデビュー
相手が軽く、追い切りの動きなどから、単勝2番人気に支持されました。
馬体重は500kgという巨漢牝馬ぶりです^^;

懸念していたスタートは出遅れ。
どうしても既走馬相手だと、レース感や仕上がりに差が出てしまいますね。
後方2番手からの競馬で、直線でも馬群の真っ只中。
しかし馬群を縫うようにしっかり伸びてきて、直線だけで3着まで押し上げました。

デビュー戦ということで荒削りな競馬になりましたが、
素質の片鱗はしっかり見せてくれました。
ただ福永騎手には出遅れた時点で外への進路を確保して欲しかったです。
負けて強しのデビュー戦でしたので、使われた次走は初勝利が期待できそうです。

東京10Rではシーリーヴェールが出走しました。
前走はこの馬らしくない、見せ場なしの14着に惨敗。
巻き返しを願っていましたが、今回はこの馬らしい行きっぷりで先行し、
直線でも外から見せ場を作って7着に頑張りました。

直線に入って、一瞬良い脚を使っていたので上位に入れるかと思いました。
最後は息切れするように失速しましたが、前走の競馬を引きずらず安心しました。
今日の競馬を見ると1400mの方が最後の脚がもつかも知れませんね。
次走は再び掲示板以上目指して頑張ってもらいたいです。

6/17(日) シーリーヴェールとクリストフォリのデビュー戦!

◆今週の出走馬◆
06/17(日)阪神1R 3歳未勝利(ダ1400m) クリストフォリ 福永騎手
06/17(日)東京10R 青梅特別(1000万下ダ1600m) シーリーヴェール 太宰騎手

社台・サンデーTCの1歳馬募集は、1次募集締め切りまで1週間を切りました。
なかなかアエロリットのような1400万円のGⅠ馬が見つかりません^^;
40口の場合、もはや高額とはいえない4000万円の馬でも1口100万円ですからね。。
安価で夢を見られるような馬がいないかな~。

今週は日曜日の阪神1Rで、3歳馬クリストフォリがいよいよデビューを迎えます。
2歳8月にゲート試験を合格した馬ですが、放牧に出された直後に
骨軟骨腫という疾病により右前脚を手術し、ここまでデビューが延びてしまいました。
2歳夏にゲート合格した馬が、3歳6月デビューですから本当に長かったです^^;

入厩後の追い切りでは、脚部不安を感じさせない動きを見せています。
特に5/30は併走馬を大きく引き離し、栗東坂路4F51.0-1F12.8という出色の動き。
体質が弱くてデビューが遅れた訳ではないので、脚元さえ完治していれば、
3歳キャロット唯一の出資馬として期待通りの走りを見せてくれそうです。

出走馬のほとんどがデビュー済みの馬になるので、厳しいレースが予想されますが、
ここで勝てるようなら、条件戦をトントン勝っていけるくらいの馬だと思っています。
この世代はオーヴァーライト、クリストフォリとヘニーヒューズ産駒2頭の出資。
いつかダートの短距離重賞で一緒に走る日を夢見ています

日曜日の東京10Rに厳しい抽選を突破し、シーリーヴェールが出走になりました。
公式では除外濃厚ということで、来週の出走予定が出ていたくらいなので、
馬三郎から出走確定のメールが来てビックリしました^^;

前走は同じ東京ダ1600m戦で過去最悪の14着という惨敗を喫してしまいました。
これまで惨敗の少ない馬でしたが、外めから特に不利も無かったにもかかわらず、
直線ズルズル後退していくレースぶりは非常に厳しいものがありました。
ボウマン騎手は精神面を敗因に挙げていましたね。

ここは本来の安定した走りを取り戻してもらいたいです。
再び惨敗してしまうようだと、7歳という馬齢から進退の話が出かねません。
出来れば掲示板内、少なくとも一ケタ着順には頑張ってもらいたいです。

管理人のツイッター
検索フォーム
QRコード
QRコード