FC2ブログ

プロフィール

Yakuta

Author:Yakuta
ブログ「一口街道」へようこそ!

    【出資馬一覧】
サンデーサラブレッドクラブ
  アンティノウス   セン5 3勝クラス
  オーヴァーライト セン4 3勝クラス
  パリスデージー  牝2 未勝利
キャロットクラブ
  ムーンクエイク  セン6 オープン
  プロスペリティ   牝3 1勝クラス
  シーズンズギフト 牝2 1勝クラス
  タイダルフォース 牡2 育成中
  フラムエトワール 牝2 育成中
  ディアデラノビア18  牡1 育成中


  
   HP「一口街道」はこちらから!

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

【久々更新】 キャロット1歳馬募集抽選結果!

長らく放置してしまったブログですが、出資馬が決まった時くらい更新しようと思います^^;
今年のキャロットクラブ1歳馬募集は、過去2年最優先落選のバツ2持ち。
出資上限の4000万円を撤廃し、高額馬も含めて出資を検討しました。
今年の1歳馬募集は過去最高額のこの馬への出資となりました。

2019body1908p.jpg

8.ディアデラノビアの18 募集額7000万円
父ロードカナロア 母父サンデーサイレンス
2018年3月11日生 関東 堀 宣行厩舎

バツ2最優先でディアデラノビア18へ応募し無事当選しました
ピンクアリエス18へ一般枠で応募しましたが、こちらは落選。
社台・サンデーTCは見送ったので、2019年の1歳馬募集は、
このディアデラノビア18のみとなりました。

今をときめく父ロードカナロア、クラブ活躍馬の母ディアデラノビア産駒。
何頭も活躍馬を輩出してきた母馬ですが、18年産駒は母16歳の時の仔です。
晩年に差し掛かった頃に、父ロードカナロアの牡馬は期待が大きいですね。
ディアデラノビアの最高傑作と信じております。

母系の良さを引き出すと言われる父ロードカナロア。
母がシーザリオやフサイチパンドラになればクラシックを戦える馬も出ます。
ディアデラノビアは距離の融通が利く馬でしたが、上の2頭に比べるとややマイル寄り。
馬体から受ける印象もマイラーなので、距離には限界を見せると思います。

いままで4000万円以上の馬へ出資してこなかったので、
倍近い7000万円の出資馬ということで大きな期待を寄せています。
バツ2を行使して厳選して出資した1頭なので、
一口街道にGⅠタイトルをプレゼントしてくれるものと楽しみにしています
スポンサーサイト



◆◆◆ 2019年もよろしくお願いします ◆◆◆

あけましておめでとう御座いますm(__)m
今年もよろしくお願いします。
2019年競馬開催は今日からスタートですね。
昨年大活躍の明け4歳世代が今年も競馬界を席巻するのか楽しみです。

毎年掲げていた「今年の目標」は、
昨年大きな目標だった重賞を勝てましたので、
全馬無事現役を全うしてくれることを祈ろうと思います。

もちろんGⅠやダービーと、目標を挙げたらキリがありませんが、
昨年ストレンジクォークが蹄葉炎により引退した一方、
シーリーヴェールが故障ではない引退を迎えられ、
現役を無事終えられることが何よりだと痛感しました。

ムーンクエイクが障害試験の合格を目指しているようで、
2019年の出資馬の初出走は、障害レースになるかも知れません。
在厩で調整されているので、できれば東京新聞杯を使って欲しいのですが^^;
2歳馬が4頭居るので今年後半の出走数が増えてくるのを楽しみにしています。

今年も一年よろしくお願いいたしますm(__)m

◆◆◆2018年の一口馬主総括◆◆◆

一口会員12年目の2018年も、中央競馬の開催が終了しました。
今年は何といっても長年の目標だった、重賞制覇を成し遂げた記念の年です。
平成最後の年に重賞初制覇という、良い区切りとなりましたので、
新元号の来年はGⅠ制覇をといきたいですね^^;

【 出資馬の成績 】

32戦 (6-0-5-1-3-17)
 ◇ 勝率     18.8%
 ◇ 連対率   18.8% 
 ◇ 複勝率   34.4%
 ◇ 掲示板率  46.9%


過去最高の29戦10勝、勝率34.5%の去年には及びませんが、
32戦6勝、勝率18.8%と今年も高い勝率をキープしてくれました。
しかし2着はなく、掲示板率5割を割り込んだ上、2ケタ着順は9回を数えました。
この勝率であれば掲示板率6割は欲しかったですね^^;


【 2018年の目標 】

 ◆ 重賞レース優勝 達成
 ◆ GⅠレースで掲示板 未達成
 ◆ 1歳馬3頭以上出資 達成


長年掲げてきた重賞レース優勝の目標を遂に達成することができました。
ムーンクエイクがゴール前先頭で駆け抜けたシーンは忘れられません。
1歳馬は、サンデーで1頭、キャロットで3頭の計4頭出資できました。
GⅠレースはスプリンターズSに出走したものの13着に終わりました。


【 2018年の優勝レース 】

☆4/28 4歳上1000万下 アンティノウス
☆5/12 京王杯スプリングC(GⅡ) ムーンクエイク
☆6/10 小金井特別(1000万下) アンティノウス
☆8/19 2歳新馬 プロスペリティ
☆8/26 3歳未勝利 クリストフォリ
☆9/23 3歳上1000万下 オーヴァーライト


やはりGⅡの京王杯スプリングC勝ちが光りますね^^
アンティノウスの1000万下2勝もよく頑張りました。
プロスペリティの新馬勝ちは来年に向け大きな1勝でしたし、
レース後骨折が判明したクリストフォリの1勝も貴重な勝利でした。

【 2018年の愛馬たち 】

ムーンクエイク セン5(オープン)
一口街道に重賞初制覇をプレゼントしてくれたムーンクエイク。
しかしルメール騎手を確保できず、安田記念は回避し、
スプリント戦にも出走した秋競馬では結果が伴いませんでした。
障害入りの可能性も出てきましたが、来年はぜひ復活して欲しいです。

アンティノウス セン4(1600万下)
3歳春の骨折から2月に復帰し、1000万下条件を2勝する活躍を見せました。
準OP戦では気性難から大きく出遅れるも、2戦し5,4着。
気性の改善を図るため、去勢されることになりました。
すでに坂路15秒で乗り出しており、来年はさらなる活躍を期待しています。

オーヴァーライト 牡3(1600万下)
2歳暮れの500万下を勝ちましたが、春はダート短距離の番組が無く
なかなか結果がついてきませんでした。
しかし9月の中山ダ1200m戦では鬱憤を晴らすような3馬身差の圧勝。
準OPでも3着に善戦し、来年のオープン入り、重賞での走りが楽しみです。

クリストフォリ 牝3(500万下)
2歳時の脚部不安により、6月までデビューが遅れましたがよく追い込み3着。
3戦目の小倉ダ1700m戦で見事勝利を飾りました。
しかしレース後骨折が判明してしまい、長期休養を余儀なくされました。
その後の経過は順調なので、来年は昇級戦でも頑張って欲しいです

プロスペリティ 牝2(500万下)
8月の新潟芝1600mの新馬戦で見事デビュー勝ち。
非力な馬だけに新潟の芝が合っていたのか、続く2戦目の東京では惨敗。
体力強化のため放牧に出され、春までじっくり乗り込む予定です。
馬体重がしっかり増えてきており、パワーアップして帰ってきてくれそうです。

<2018年の引退馬>

ストレンジクォーク 牡6(オープン)
シーリーヴェール 牡7(1000万下)

安価な牡馬でありながら5勝を挙げたストレンジクォークが蹄葉炎で引退。
重賞でも善戦しており、もっとやれたはずと悔やまれてなりません。
40口で初勝利を挙げたシーリーヴェールは能力の限界を判断されての引退。
対照的な形での引退ですが、2頭とも大きな足跡を残してくれた愛馬です。


【 2018年の1歳馬募集 】

●ルミナスハッピーの17 牝
●シーズンズベストの17 牝
●スルーレートの17 牡
●メガクライトの17 牝

現役馬の減少から今年3頭以上出資を目標にし、結果的に4頭出資できました。
応募殺到のキャロットでは最優先でバツ2を取り、
あまり人気が無かった馬を3頭出資できたのは幸運でした。
サンデーのルミナスハッピー17には勿論牝馬クラシックの期待を寄せています。


【 2018年の一口馬主総括 】

2006年12月にキャロットクラブに入会してから12年の歳月を費やし、
遂に出資馬が重賞レースを勝つ事ができました。
かつての愛馬ファタモルガーナが重賞で何度も善戦しましたが、
やはり勝つというのは善戦とは比較にならないほどの感動でした。

震える手でツイートした経験は、何度でも味わいたいものです^^;
GⅡでもこれほどの感動でしたから、GⅠともなれば物凄いんでしょうね。
今年重賞を勝てたことで、GⅠへの想いがさらに強くなりました。

今までどちらかどいえば大レースを勝つ事より、
回収率を気にした出資をしてきましたが、
来年のキャロットの募集はバツ2を持っているので、
募集額を気にせずGⅠを勝てる馬を選びたいとおもっています。

昨年の出資馬たちは異様ともいえるほど頑張りましたが、
今年も32戦6勝、勝率18.8%とよく走ってくれました。
2~5歳世代が偏りなく勝ち星を挙げたのも、来年に向け良い材料です。
善戦が少ないのが気になりますが、競馬は勝つ事が1番ですからね^^;

出資馬として大きな存在だった、ストレンジクォークとシーリーヴェールが引退。
特にストレンジクォークは、牡馬で1400万円という安さでありながら、
通算5勝、ダービートライアルの出走、重賞での善戦など予想を遥に上回る活躍ぶり。
それだけに故障での引退は残念でしたが、充実した日々には感謝しかありません。

重賞を勝った今、来年以降の目標はGⅠ制覇ということになります。
一口会員になったからには、一度はGⅠ馬に出資してみたいです。
最近の出資は回収を気にして、血統的にもダート寄りになっていたので、
クラシックを意識した出資にしていきたいです。

来年、キャロットの1歳馬募集はバツ2の応募になるので
渾身の1頭を選ぼうと今からイレ込み気味です^^;
デビューは再来年、クラシック世代になるのは3年後とまだまだ先の話ですが、
これからも一口会員として夢を追っていきたいと思います。

現役馬は5頭のうち、クリストフォリが骨折療養中、アンティノウスが去勢、
プロスペリティが春まで成長放牧中、ムーンクエイクが障害練習という事で、
来年の春までは出走数がかなり少ないでしょうね^^;
休養馬の復帰戦、2歳馬のデビューを楽しみに新年を迎えたいと思います。

2018年も1年間ありがとう御座いました。

12/23(日)中山10R フェアウェルS オーヴァーライトは3着

◆今週の出走結果◆
12/23(日)中山10R フェアウェルS(1600万下 ダ1200m) オーヴァーライト 3着

日曜日の中山10Rは2018年最後の出資馬の出走となりました。
オーヴァーライトは懸念のゲートをなんとか5分に出て3着に善戦。
惜しくも勝利はなりませんでしたが、前残りの展開で良く頑張りました。

前走は出遅れた上、直線馬群を捌けませんでしたが、
今日は外めの枠から鞍上のマーフィー騎手が上手く乗ってくれました。
良い手応えで直線を向いたときは勝てるかと思ったほどでした。
道中、1番手・2番手の馬が、そのまま1,2着という競馬では厳しかったですね。

出来ればここで勝ってオープン入りし、新年は重賞へ挑戦して欲しかったですが、
このクラスに十分目処は立ちました。
中1週で使われたので、放牧から2/24の中山ダ1200m戦でしょうか。
3歳のうちに3つ勝って準OP馬ですから、良く頑張りました。

まだ28日の開催を残していますが、これで2018年の出資馬の出走は終了です。
また年間の総括は行いたいと思いますが、
今年は何といっても重賞初制覇を成し遂げた記念すべき年になりました。
今年も出資馬たちのおかげで、競馬を楽しませてもらいました!

12/22(土)阪神11R 阪神C ムーンクエイクは14着・・

◆今週の出走結果◆
12/22(土) 阪神11R 阪神カップ(GⅡ 芝1400m) ムーンクエイク 14着

重賞2勝目を狙って阪神カップに出走したムーンクエイクは14着惨敗でした・・。
距離の短いスプリント戦を2度使われ結果がでなかったため、
1400mで巻き返して欲しかったのですが、またまた惨敗してしまいました^^;
春までの安定した走りとは正反対の秋競馬となりました。

午前中の雨の影響で苦手としている稍重の馬場に。
スタートでは飛び上がるように出てしまい2~3馬身ほどの出遅れに。
手綱を激しく動かし遅れを挽回していきますが、流れに乗れず後方からでした。
前が残る展開もあり、直線では見せ場はありませんでした。

道悪馬場、出遅れ、前残りという3重苦だったとはいえ、
あまりに見せ場の無い競馬でしたね。
今日は極端な出遅れでしたが、ここ3走スタート直後から
レースの流れに乗れない競馬が続きます。

今年は5走し、4回が道悪馬場という天気にも恵まれませんでした。
唯一良馬場でやれた競馬が京王杯SCのレコード勝ちですから、
やはり良馬場でもう一度見直したいです。
来年はこの馬らしい安定した走りを再び見せてもらいたいです。

管理人のツイッター
検索フォーム
QRコード
QRコード