プロフィール

Author:Yakuta
ブログ「一口街道」へようこそ!

    【出資馬一覧】
社台サラブレッドクラブ
  シーリーヴェール 牡6 1000万下
サンデーサラブレッドクラブ
  アンティノウス   牡3 1000万下
  オーヴァーライト 牡2 500万下
キャロットクラブ
  ストレンジクォ-ク 牡5 1600万下
  ムーンクエイク  セン4 1000万下
  クリストフォリ   牝2 育成中
  プロミネント16  牝1 育成中

  
   HP「一口街道」はこちらから!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク

9/24(日)阪神9R 甲東特別 ムーンクエイクが出走!

◆今週の出走馬◆
09/24(日)阪神9R 甲東特別(1000万下 芝1600m) ムーンクエイク ルメール騎手

今週は日曜日の阪神9Rにムーンクエイクが出走します。
ルメール騎手確保のため、2度目の関西遠征です。
前々走の阪神競馬は、輸送自体は問題ありませんでしたが、
重馬場で走りにくそうだったので、晴れ予報なのは安心しました。

前走、東京の1000万下特別を完勝し、今回降級で再度同じクラスを走れます。
9頭立てなので確勝級といいたいところですが、
強力な4歳の降級馬が2頭出走してきました。

カイザーバルはなんといってもローズS、秋華賞3着が光ります。
このクラスにいるような馬ではありません。
もう1頭のテラノヴァも準OPで2度2着に好走している実力馬です。
この2頭をどう封じるかが勝負のカギを握っています。

1番枠と難しい枠順になりました。
行きたがる馬なので、出きれば1頭前に馬を置きたいところです。
少頭数でも相手は軽くありませんが、ムーンクエイクももっと上を目指せる馬です。
ここを勝って実力を証明してもらいたいです。
スポンサーサイト

3歳馬キスミーダーリンが引退・・

carrot.pngキスミーダーリン 牝3 14年5月4日生 厩舎:尾関知人(美浦)
父ハーツクライ 母メジロダーリング(母父Green Desert)

9/18  引退
18日の中山競馬では中団後方のインを進み後半勝負にかけたが、最後の伸びは見られず15着。「前半は悪くなく、もしかしたらと思わせる手応えで走れていたんです。できるだけロスをなくして少しずつ動かしていく作戦で進めたのですが、いざ動かし出すとアレっと思うくらい進みが悪くて…。良いかなと思わせたのですが、結果的に後半はお釣りがなくなってしまいました。条件がタフというのはあるのでしょうけれど、体力的なことなのだと思います。稽古ではだいぶ動けるようになってきていて楽しみにしていたのですが、結果を出すことができなくて申し訳ございません」(吉田豊騎手)「入厩当初はカイバをしっかりと食べられないところがありましたけれど、その後はこの馬なりに食べてくれ、前回よりも良い状態で送り出せたと思います。何とかロスを少なくしつつ最後の勝負に挑めたらと思っていたのですが、レースっぷりを見ると1800mの距離は長かったのかもしれませんね…。前回の進みっぷりを見て今回は中距離にしようと考えたのですが、良い結果を残すことができず本当に申し訳ありません」(尾関師)育成が遅れてデビューを迎えられたのは夏8月になりました。そこへ向かうまでも向かった後もトモを中心に弱さを見せていて、陣営の懸命なケアを受けていました。その甲斐あって初戦よりは良いかなと思える状態で2戦目へ向かうことができ、ダートになりますが一度使った上積みから前進を期待して今回のレースへ送り出しました。脚抜きのいい馬場になることで非力な面をカバーされればと目論んでいたのですが、厳しい状況には変わらなかったようで残念ながら大きな変化を見ることはできませんでした。キャリア2戦となり、心残りな面はありますが、この2戦の内容を鑑みまして尾関知人調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

今日の中山6Rの未勝利戦に出走したキスミーダーリンは15着に惨敗。
直後に引退が発表されました。
デビュー戦が15着、そして2戦目の今回も15着ですから、仕方ありませんね。

馬体重が14kg増え、状態が上向いていたのは確かだと思います。
ただパドックでは筋肉の張りが物足りず、まだまだ乗り込み不足。
道中の行きっぷりは悪くなかったものの、3コーナーからペースが速くなると
追走が厳しくなりズルズル後退してしまいました。

ダートが不向きな馬なのは確かでしょうが、
勝ち上がる能力は備わっていないということでしょうね。
やはり2歳9月入厩直前で、馬房で左トモを痛めてしまった事が大きかったです。
あのまま入厩できていたらこの馬の運命も変わっていたかも知れません。

ハーツ産駒ということで、芝中距離路線での活躍を期待して出資した馬でした。
2歳9月に入厩の目処が立った時には、オークストライアル出走を夢見たものでした。
トモを痛めた時も、まさかデビューが3歳8月になるとは想像できませんでした^^;

トモが徐々に良くなっていると言われていた3歳6月にゲート試験、7月に再入厩、
8月にデビューですから、とてもまともに走れる状態は整いません。
非常に不本意ですが、厳しい競争の世界ですから受け入れざるを得ませんね。

GⅠまであと一歩届かなかった母メジロダーリングは、
まだ活躍馬と呼べる産駒を出せていません。
キスミーダーリンが母系を活性化できるような繁殖馬になってくれればと思います。

キャロットクラブ 1歳馬 プロミネントの16へ出資確定

2017-38-standing.jpg

プロミネントの16 牝1(父ブラックタイド 母父タイキシャトル)
募集額1600万円(一口4万円) 生産:ノーザンファーム 厩舎:手塚 貴久
馬体重:413kg 体高:154.5cm 胸囲:172.0cm 管囲:19.7cm 

今年のキャロクラブの1歳馬募集でプロミネント16へ出資が決まりました。
厳しいキャロットの募集で、安価な牝馬である本馬が
なんとか引っ掛かってくれました^^;
せめてもう1頭牡馬を出資したかったのが本音ですが、この馬も決して悪くありません。

父ブラックタイドといえば弟ディープとは正反対に見栄えのする馬でしたし、
母プロミネント、ついでに母母プロモーションも非常に馬格のある馬でしたが、
この馬は細身でトモも薄めなので、あまり両親に似ていないですね。
デビュー時も400kg台半ばまで増えれば十分という感じです。

間違いなく芝中距離馬でしょうから、同じ厩舎、同じクラブの
ルヴォワールのように2000mを狙って使い、オークスや秋華賞を目指せるような
馬に育ててもらいたいと思っています。

社台・サンデーを見送り、キャロットの1.5次募集も回避の予定なので、
16年産駒の愛馬はこの馬1頭になりそうです。
早期デビューが目指せる馬ではないかも知れませんが、
芝中距離なら価格以上に期待できると思っているので楽しみにしています。

キャロットクラブ2017年度1歳馬募集 抽選結果発表!

今日はキャロットクラブの1歳馬募集の抽選結果発表でした
中間発表で59頭も満口になる大盛況のキャロットクラブ。
年々厳しい抽選になっていますが、今年は40口を見送ったこともあり、
複数頭の出資を目指し、5頭へ申し込みました。

ドキドキしながら公式を見ましたが、
いきなり結果が画面に表示されて驚きますね^^;


【最優先希望(前年落選権なし)】
64.ブライダルソングの16牡(父ルーラーシップ) ×

【一般希望枠】
31.ヴァイスハイトの16牡(父シンボリクリスエス) ×
38.プロミネントの16牝(父ブラックタイド)
50.マルティンスタークの16牡(父オルフェーヴル) ×
74.カニョットの16牝(父マンハッタンカフェ) ×


ほぼ最悪な結果になりました・・・。
全馬落選ではなかったものの、すべり止めの安価な牝馬1頭のみという
非常に厳しい抽選結果となってしまいました。。。

どちらかは出資したかった、ブライダルソングとヴァイスハイトはあえなく両方落選・・。
ヴァイスハイトを最優先にしていれば、無抽選で出資が決まっていただけに、
これは完全に作戦ミスでした。

欲張って2頭の抽選に賭けた結果、
二兎を追う者は一兎をも得ずを体現する事になりました・・
現在のキャロットの抽選がいかに厳しいかですね。

バツ1が取れましたが、バツ取りのつもりは無かったので複雑な気持ちです^^;
40口を見送ったのでキャロットでしっかり愛馬を追加したかったのですが、
安価な牝馬1頭追加という寂しさです。
1.5次募集は検討しますが、今のところほしい馬は見つかっていません。

唯一取れたプロミネント16だけが希望の星です。
ブラックタイド産駒の牝馬というちょっと面白い馬です。
小柄な馬ですが、見るからに芝中距離が向きそうな馬体です。
オークストライアルへ出走できるくらい頑張ってもらいたいです。

何とも残念な今年の募集になりましたが、
去年は2年続けて40口で出資しましたし、
今年は小休止の年ということにするしかありません。
今晩は深酒にならないよう注意します・・・(涙)

9/18(月)中山6R 3歳未勝利 キスミーダーリンが出走

◆今週の出走馬◆
09/18(月)中山6R 3歳未勝利(ダ1800m) キスミーダーリン 吉田豊騎手

3日間開催の月曜日中山6Rにキスミーダーリンが出走します。
3歳未勝利馬にとってラストチャンスの限定未勝利戦です。
同じレースにキャロットクラブの馬が4頭同時に出走していますね^^;
最後の最後に勝ちあがることが出来るでしょうか。

血統や馬体からも明らかに芝馬ですが、
芝レースは除外対象ということで、泣く泣くダート戦に出走です。
400kg少々の細身の馬にダートは厳しいですね。

2歳9月に馬房でトモをぶつけ、遅れに遅れた8/6のデビュー戦は15着。
後方で回ってきただけの競馬になりました。
乗り込み不足は一目瞭然でしたが、レース後の調整過程で
徐々にではありますが動きが良化してきています。

まともに競馬で勝負できる状態にするには時間があまりに足りないですね。
馬体の成長を促し、牧場でもっとしっかりトレーニングを積めば、
未勝利戦で2ケタに惨敗するような馬とは思っていません。
今回も厳しい結果が予想されますが、最後まで希望は捨てずに応援しています。

管理人のツイッター
検索フォーム
QRコード
QRコード